ご相談例 (8)

Personal session example

家族関係/家族の揉め事  ◆鑑定例(ご本人)

kantei8.png
充実した時間

その他 ご家族4名を鑑定

Q: 父と弟の板挟みになり困っています。母は既に他界しており、父は数年前に再婚をしています。

  弟の子供が生まれた頃から、小さなことをキッカケに、父・義理の母 と 弟が大喧嘩になり、

  その後も関係の悪さが続いています。

A: お父様ご夫婦と、弟さんとの関係が上手くいかず、貴女が間を取り持っているのですね。

 

Q: ええ、そうです。父も以前と違って、再婚後は義理の母の言うが侭・・・と言いますか。

  それに今に始まったことではありませんが、父はちゃんと私の話に耳を傾けてくれているのに

  父に私の真意が上手く伝わらず、微妙にズレて理解されてしまって話が通じないんです。

  本当に 今後 家族とどう関わればいいのか・・・。

A: 板挟み状態なのに、上手く伝わらない。精神的にも疲れてしまいますね。

Q: はい、本当に。心の安らぎがないんです。

A: では、観ていきましょうね。まず貴女ご自身とご両親 (父と義母)との関わりについてですが、

  結論から申し上げますと、

  「父親のことには口を出さない、干渉しない、必要以上に関わらない、理解されようとしない」 

  です。

   

Q: え?そうなんですか?てっきり、もっと上手く家族と関わりなさい、と言われるかと・・・。

A: そうですね。普通はそう思われますよね。

  もちろん、お父様がご高齢になられて、助けが必要になった場合は、お助けしてください。

  それは「宿命」や「運」の問題ではなく、人としての「徳」の問題です。

  でも、お元気のうちは、物理的にも精神的にも距離を置くことが大切です。

 

Q: なるほど・・・。意外でした。

A: ただ、そうは言っても 「はい、では関わりません」 と素直に受け入れることが難しいお気持ちも

  貴女にはお有りなのではないでしょうか。

  なぜなら、貴女は女性なのに長男的立場に立たされ易い、

  ご自身も「家のことは、自分が何とかしなくては」 という思いが強くある。

  そして何より、お父様のことを「何もできないダメな父親」と言葉では言いつつも、

  心の奥深い部分ではお父様の愛情を欲している・・・

  ご自身の内側で そのような思いが働くからです。

 

Q: 正直、そういう思いがあります。そう通りだと思います。

A: 内側にその思いがあるので、簡単に親や生家と離れられないんですね。ある意味、「罠」です。

  ただ・・・  その「罠」に気づかずに家族の問題に関わっていると、

  もっと大きな渦を引き起こしていくことになります。

  貴女が家族のために良かれと思ってしていても、関われば関わるほど家系を破壊してしまう、

  更に、自分が納得できない不自然な役割も多くなる、すると段々貴女も、協調したり上手く関わる

  ことができなくなり、結果的には、貴女ご自身の人生そのものまで崩れやすくなってしまいます。

 

Q: ああ。なるほど・・・なんだかその感じ、ずっと感じていた気がします。

 

A: そうですか。そして、そもそも「大きな渦」が起きる根本的原因ですが・・・

  家系から受け継いだ、強い因縁にあるようです。

 

Q: ぜひ伺いたいです。

A: わかりました。皆さまの命式を拝見しましたところ、

  元々、貴女の家系は、母方・父方ともに隆盛を極めていらっしゃったのではないでしょうか。 

  因縁の要因は大きく分けて2つありますが、大元は母方(実母)の家系に起因するようです。

 

  (内容中略)

 

Q:両親の家系を見ていて、薄々 そのようなものを背負っているのではないかと感じていました。

  (ご本人のお話し 中略)

 

A: 貴女は感の鋭い方です。ご自身の感覚を信頼してください。

  更にこの因縁は、現在のご家族 (ご本人、父、母、義母、弟) の関係に縮図となって反映されて

  きています。だから上手くいかない。貴女より弟さんの方が因縁が強く現れてくるようです。

  具体的には、「夫婦間の愛情問題、そして財の問題」に現れてきます。

  同時に、貴女は自然界から「親や家系に深く関与しないことによって、先祖や親が継承してきた 

  因縁に動かされる生き方の流れを止めよ、そのことに気づいて、生き方や行動を選択せよ」と

  示唆されているようです。

  どのような行動を示唆されているか、もう少し詳しくお話ししていきますね。

      

                     (ご本人、お父さま、弟さんのお話しを含めて 90分)

事例は、ご相談者さまの許可および文章校正を頂きましたうえで掲載をしております。無断転記・流用・複製等の行為を固く禁じます。

【他の事例を読む】