算命学とは

What is Sanmei-gaku

陰陽五行

算命学とは

 

宇宙(大自然)の法則から導く「東洋の予知学」です。

算命学は、「東洋占星術」のひとつであり、古代東洋の人々の鋭い自然観察から生まれた

「陰陽五行説」を基盤におく深遠な学問です。

 

今から約4000年前、大自然と共に生きる古代東洋の人々は、厳しい自然環境を生きぬくために、

宇宙に広がる星の動きや自然の営みを観察し、

森羅万象が “ ある種の法則 ” のもとに規則正しく動いていることを掴みました。

それが「五行説」という法則と、

宇宙は常にバランスの中に存在しているという思考「陰陽説(一極二元の理」であり、

算命学の根幹となる概念です。

 

時を経て、2300年前、この概念は中国の英明な学者達によって、

「人の本能や役目、運気、将来性」などを予測する理論へと展開されていきます。

本来、私たち人も自然界から生まれ、

山や海、他の動物と同じように森羅万象の一部として存在しています。

であるならば “ 私たち人も「自然の法則とリズム」に則り、生かされているはずである・・・ ”

学者達は、更に鋭く、自然や人間を観察し、検証を重ねていきました。

後に暦学(時間の観念)も加わり、「東洋の予知学」として確立したのです。

当時は「軍略」「帝王学」として、皇帝のみが使うことを許され、一子相伝で継承される秘技でした。

そして、理論は様々な時代の中で生き続け、受け継がれ、

私たちが触れることのできる学問として、いま在るのです。

 

地球や他の惑星が一定の軌道を描き、宇宙が美しい均衡のもとに、今も在ること・・・。

その法則の元に、私たちも生かされている存在であること。

その自然の真理を、鋭く観察し、検証し、長い時間のなかで積み重ねられてきた叡智。

それは、どんなに文明が発達したとしても

“ 人も自然界の中にある存在のひとつ ” という原点の意味深さを教えてくれます。

算命学で行う 『占術』は、この奥深い理論に支えられているのです。

人は地に生まれ、天界をいただく。  
ゆえに今生において、天地人三界を脱すること難し。
ゆえに人は天地人三歳の理の中に生く。
 
(算命学13代宗家・高尾義政氏 「東洋史観2」より)
日食,摂理